なかなか解決しない体のお悩みも上田鍼灸整骨院へご相談ください。

東洋医学全般 鍼灸 整骨 整体 漢方

上田鍼灸整骨院

併設:漢方上田薬店・ライフセラピー
東京都西東京市ひばりが丘北4-1-30

受付時間:9:00~12:00/14:00~19:00水曜・日曜・祝日を除く)

漢方相談受付中

お気軽にお問合せください

生理・子宮のトラブル

生理・子宮のトラブル

女性特有の症状には、生理や子宮のトラブルになります。生理痛・月経前症候群・不妊症・更年期とホルモンバランスや体調などでも左右され、悩まれている方も多いのでないでしょうか?

東洋医学では女性の健康は重視され、様々な症状に対応すべく漢方や鍼灸治療が体系化されております。もちろん食養生も子宮の環境を整えるのに大切ですので体質改善に役立ててください。

生理痛

瘀血タイプ

生理の血が黒っぽい、レバーの塊のようなものが多いのであればこのタイプになります。これは血の流れが悪いと考えられる生理痛です。経血以外にも顔色が黒っぽい、目の下にクマがあるなども判断材料になります。最近増えている、子宮内膜症や子宮筋腫も瘀血と考えられています。東洋医学では漢方や鍼を使用します。このタイプにお勧めの食品は、イワシ・さんま・サバなどの青魚、玉ねぎ、にんにく、しょうが、ネギなどになります。

気滞タイプ

精神的ストレスで自律神経の働きが乱れて生理痛の原因になっているタイプで、生理周期が乱れ下腹部が張って痛い、ガスが多く出る、イライラしやすい、ゆうつなどの症状が見られます。東洋医学ではボレイの入った漢方や自律神経調整を行います。このタイプはお酒を控え、リラックスするようにし酸味のある食事を心がけます。お勧めの食品は、春菊・セロリ・牡蠣・ミカン・オレンジ・レモン・ゆず・梅干しなどです。

気虚・血虚タイプ

中医学では血をもって基となすと言い、女性にとって『血』は大切な栄養分です。血が不足すると子宮や卵巣の発育不良、卵巣の機能低下などにもなります。気は血を動かすので気虚も同時に補う食品がお勧めになります。東洋医学では漢方やお灸を施します。この症状によい食材は、鶏肉、レバー、ウナギ、牡蠣、マイタケ、シイタケ、ホウレンソウ、小松菜、大豆などです。

PMS

月経前症候群(PMS)は、生理の3日~7日前から心身の不調が現れる事を言います。年齢は20代~30代に多く、生理前になると『イライラ』する特徴があります。ほかにも、情緒不安定、気が変わりやすい、落ち込む、むくみ感、頭痛、下腹部痛、乳房痛のように様々な症状が現れます。PMSはストレスであり、肝の気の流れやバランスをコントロール機能が滞っていると考えます。東洋医学ではボレイの入った漢方や自律神経調整を行います。

気の流れをよくする食品は、三つ葉、春菊、パセリ、ミント、ミカン、オレンジ、レモン、グレープフルーツなど柑橘系がお勧めです。

不妊症

血虚タイプ

子宮や卵巣の発育不良で妊娠しにくタイプになります。生理の経血も量が少なく、めまいや立ちくらみ、顔色が青白い、皮膚や髪につやがないなどの症状が見られます。不足した血を補って妊娠しやすい体質にしましょう。東洋医学では漢方を使用します。この症状によい食材は、レーバー、カレイ、ホウレンソウ、ニンジン、小松菜、ゴマ、黒豆、小豆、ザクロ、黒砂糖、豆腐など。

冷えタイプ

冷えは女性の体の機能を十分に発揮できない要素の一つになります。冷えは黄体ホルモン分泌不足で起こることがあり、妊娠しにくくなります。そうなると高温期の体温が低めで期間も短い傾向になります。東洋医学ではこの状態の事を気虚・血虚と言い、漢方やお灸、温浴を施します。この症状によい食材は、羊肉、エビ、ニラ、ネギなどです。

気滞タイプ

ストレスによって自律神経が乱れたり、また妊娠しないというストレスで不妊になるケースです。ストレスによって気が滞り、自律神経がアンバランスになります。このタイプは月経周期の乱れ、月経時に乳房や下腹部が張って痛む、イライラ、憂鬱などの症状が見られます。東洋医学ではボレイの入った漢方や鍼灸、自律神経調整を行います。この症状によい食材は、三つ葉、春菊、セロリ、パセリ、牡蠣、大豆、イカ、オレンジ、レモンなどになります。

瘀血タイプ

血が滞って『瘀血』オケツと言い、血行不良の不妊タイプになります。子宮筋腫や子宮内膜症もこのタイプになります。自身でチェックするなら顔色が優れない、舌の裏の静脈がどす黒く見える。目の下にクマがいつもあるなどです。東洋医学では漢方や鍼を使用します。このタイプにお勧めの食品は、イワシ、サンマ、サバ、アジなど近海の青魚や玉ねぎ、ナス、エシャロット、にんにく、サフラン、ネギなどです。

受付日時ご案内

受付時間

 
午前9:00~12:00××
午後14:00~19:00××

休診日:水曜・日曜・祝日

受診までの流れ

お問合せから施療までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは当院の受付窓口までご連絡ください。

問診

症状や状態の経緯を詳しくお聞きします。

毛髪診断

各症状に対応した測定(検査)を行います。

カウンセリング

施療期間や内容、金額などのご説明をします。

ご予約はこちら

その日の予約も可能です

お電話でのご予約はこちら

042-421-2493

受付時間:9:00~12:00 14:00~19:00(水・日・祝を除く)予約制