なかなか解決しない体のお悩みも上田鍼灸整骨院へご相談ください。

東洋医学全般 鍼灸 整骨 整体 漢方

上田鍼灸整骨院

併設:漢方上田薬店・ライフセラピー
東京都西東京市ひばりが丘北4-1-30

受付時間:9:00~12:00/14:00~19:00水曜・日曜・祝日を除く)

漢方相談受付中

お気軽にお問合せください

目のトラブル

目のトラブル

パソコン・スマホ・タブレット、ゲームなどモニターを長時間眺める事で目が疲れたり、充血したり、視力が低下するなど。目の健康が保ちにくい環境になってきました。

最近は目によい食材として、ブルーベリーをはじめカシスやルテインなど効果的な食材がサプリメントとしても販売されるようになってきました。

疲れ目

細かい活字の小説や資料、携帯、スマホ、メールなど。しばらく読んでいると目がしょぼしょぼしてきたり、文字がかすんで来たり、視力に合っていなメガネでも目が疲れます。東洋医学では、目は肝につながり、瞳は腎につながると考えられています。つまり目の環境をよくするには、肝と腎の強化をしておくとよいと考えています。長時間、目を使用するということは、目から入る刺激がストレスと脳に感じ、イライラしているのと同じことになります。

また長時間労働で体力が失われるのと同じく、免疫力、活力、などが低下するのは腎に影響し、瞳の調節機能が低下してくることを言っています。目を適度に休ませ、視力低下などには、東洋医学では漢方や鍼を使用します。お勧めの食材は、レバー、ニンジン、カボチャ、ししとう、ブルーベリーなどです。

ドライアイ

ドライアイは、集中して物を見ているなど、瞬きの回数が少なる事や目の充血で目の粘膜が乾燥し、時に角膜が傷ついたりします。東洋医学では血虚陰虚と考えられています。肝や腎の機能が低下し、血や陰が不足して目を潤すことが出来ないというわけです。あまりひどいときには、酸素の肺と栄養にする脾を強化して滋養させることを考えます。東洋医学では漢方や鍼を使用します。

お勧めの食材は、ニンジン、ごま、ピーマン、レンコン、ユリ根、トマト、レーズン、ナツメなどです。

 

涙目

高齢化に伴い目のトラブルとして増えたのが涙目です。涙目は石灰が涙管にたまった状態で出るものであれば眼科での処置で改善しますが、そうではない加齢によって涙管の調節機能が弱った際におこる涙目は止めることが出来ません。東洋医学では腎と考え、目の機能を上げる漢方や鍼灸を施します。

お勧めの食材は、菊花、松の実、銀杏などです。

加齢黄斑変性・飛蚊症・白内障・網膜剥離・緑内障

加齢黄斑変性・飛蚊症・白内障・網膜剥離・緑内障なども高齢化に伴い増えてきた目のトラブルになります。白内障は日帰り手術が一般的になりましたが、目の衰えの調節機能までは万全ではありませんので、人によって自分で思ったほど、目がすっきりしない方もいます。東洋医学では上記同様に肝と腎の強化をし、初期段階の白内障や飛蚊症にも対応します。

加齢黄斑や網膜剥離、目が歪んで見える、ぼやけるなど。機能を完全に戻すことが出来ない眼のトラブルだからと言って放置しておけば環境は良くない状態であり、それなりにさらに機能は低下する事が予測され、普段から目によい食材、滋養に使う漢方を役立てるのも一法ですのであきらめずご相談ください。

受付日時ご案内

受付時間

 
午前9:00~12:00××
午後14:00~19:00××

休診日:水曜・日曜・祝日

受診までの流れ

お問合せから施療までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは当院の受付窓口までご連絡ください。

問診

症状や状態の経緯を詳しくお聞きします。

毛髪診断

各症状に対応した測定(検査)を行います。

カウンセリング

施療期間や内容、金額などのご説明をします。

ご予約はこちら

その日の予約も可能です

お電話でのご予約はこちら

042-421-2493

受付時間:9:00~12:00 14:00~19:00(水・日・祝を除く)予約制