なかなか解決しない体のお悩みも上田鍼灸整骨院へご相談ください。

東洋医学全般 鍼灸 整骨 整体 漢方

上田鍼灸整骨院

併設:漢方上田薬店・ライフセラピー
東京都西東京市ひばりが丘北4-1-30

受付時間:9:00~12:00/14:00~19:00水曜・日曜・祝日を除く)

漢方相談受付中

お気軽にお問合せください

かぜ

風邪はありふれた病気ですが、『風邪は万病のもと』と言い、合併症が多くこじらせないで早目に治しておこうという言葉があります。熱も上がらないうちに自己判断で解熱剤を飲むなど。

たかが風邪、されど風邪。こじれ風邪は長引いいたり、思わぬ合併症や肺炎など重篤になることも。自己判断せず、早目の適切な対応が重要です。こじれ風邪に東洋医学では免疫力を高める漢方やお灸を施します。

寒気を感じる風邪

東洋医学では、体を冷やすことでひく風邪は寒邪が原因と考えます。主な症状は、冷え、頭痛、鼻水などになります。この時の症状は、熱が出て体が熱くんる風邪のタイプではなく、寒気で体が『ゾクゾク』する症状です。

よく葛根湯のコマーシャルで『ゾクッと来たら』葛根湯。というように漢方では葛根湯をファーストチョイスに考える症状です。

この時にお勧めの食品は、生姜、ネギ、ミョウガ、シソなどが体を温めるのでお勧めです。

のどの痛み・発熱時の頭痛

風邪は上気道炎(のど)からウィルスが侵入して炎症を引き起こすタイプが多く、この時はのどが痛むから始まり、進行すると咳が出るようになってきます。こうした炎症症状を東洋医学では熱邪(ねつじゃ)と考えます。

のどが赤くはれて痛みが出て、のどが渇き冷たい水を欲しがります。このタイプの風邪は強い症状を出すウィルスに感染した傾向にあります。東洋医学では漢方や鍼を使用します。この時にお勧めの食品は、緑豆や春雨、キュウリ、冬瓜、トマトなどがおすすめです。

咳・ぜんそく

咳は体に入るウィルスを排除する働きであったり、痰を出す行為であったりします。喘息の咳はアレルギーゆえに、ホコリや人体に影響ない空気中の飛散物も過敏に反応し咳になります。また強い咳が続くと、骨にも負担がかかり肋骨が折れたりすることがあります。

東洋医学では、肺の呼吸がお腹までいかないで逆に上に上がってしまうと考え、漢方使用します。お勧めの食品は、ぎんなん、ゴボウ、レンコン、キュウリ、大根、トマト、ユリ根、ミカン、キンカンなどがお勧めです。

 

受付日時ご案内

受付時間

 
午前9:00~12:00××
午後14:00~19:00××

休診日:水曜・日曜・祝日

受診までの流れ

お問合せから施療までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは当院の受付窓口までご連絡ください。

問診

症状や状態の経緯を詳しくお聞きします。

毛髪診断

各症状に対応した測定(検査)を行います。

カウンセリング

施療期間や内容、金額などのご説明をします。

ご予約はこちら

その日の予約も可能です

お電話でのご予約はこちら

042-421-2493

受付時間:9:00~12:00 14:00~19:00(水・日・祝を除く)予約制