なかなか解決しない体のお悩みも上田鍼灸整骨院へご相談ください。

東洋医学全般 鍼灸 整骨 整体 漢方

上田鍼灸整骨院

併設:漢方上田薬店・ライフセラピー
東京都西東京市ひばりが丘北4-1-30

受付時間:9:00~12:00/14:00~19:00水曜・日曜・祝日を除く)

漢方相談受付中

お気軽にお問合せください

頭痛

いつも頭が重くなる。こめかみの辺りがズキンズキンと痛むなど。日本人は成人3人に対し1人は『頭痛もち』と言われています。頭痛には風邪、二日酔いなど原因がわかりやすいもの。また脳梗塞や脳出血の様に重篤なものまであります。

ここでは命に別状はないが、原因が特定できない慢性頭痛の話をしたいと思います。

気帯タイプ

ストレス、緊張、不安などで、気の流れが滞ることを気滞(きたい)と言います。頭がチクチクと痛んだり、女性に多い片頭痛のタイプです。気の巡りは自律神経のコントロールと深く関与しております。

そのためこの状態が続くとイライラしやすくなり怒りっぽくなったり、目の奥が痛んだり、血圧が不安定などもこれに当てはまります。東洋医学ではボレイの入った漢方や自律神経調整を行います。この時にお勧めの食品は、ミカン、オレンジ、春菊、梅干し、ジャスミン茶などになります。

瘀血タイプ

このタイプは、血行不良が原因で長時間同じ姿勢で座っていたり、悪い姿勢でいるなどの結果、血行が悪くなり、頭や首の筋肉が凝って痛みが出てきます。頭が割れるようなガンガンと痛むのが特徴です。東洋医学では漢方や鍼を使用します。

この症状に良い食材は、玉ねぎ、生姜、にんにく、さんま、さば、あじなどがお勧めです。

血虚タイプ

血虚タイプは、栄養不足(血に力がない)と考えます。このタイプは色白の女性に多く、貧血気味や体力がないタイプです。頭が激しく痛むよりはシクシク痛むのが特徴で、同時に目まいや立ちくらみなども伴うことが多いです。東洋医学では漢方やお灸を施します。

お勧めの食品は、豆類・鶏肉・レバー・豚肉・プルーン・レーズンなどがおすすめです。

受付日時ご案内

受付時間

 
午前9:00~12:00××
午後14:00~19:00××

休診日:水曜・日曜・祝日

受診までの流れ

お問合せから施療までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは当院の受付窓口までご連絡ください。

問診

症状や状態の経緯を詳しくお聞きします。

毛髪診断

各症状に対応した測定(検査)を行います。

カウンセリング

施療期間や内容、金額などのご説明をします。

ご予約はこちら

その日の予約も可能です

お電話でのご予約はこちら

042-421-2493

受付時間:9:00~12:00 14:00~19:00(水・日・祝を除く)予約制